ホーム > 終活 > 探偵を依頼する

探偵を依頼する

探偵を依頼することで浮気の証拠が掴めます。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで手に入れるとなると、相手に気づかれてしまう事もなきにしもあらずです。
理由としては単純で、あなたの顔が相手に知られているからです。

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、現実とフィクションは違うもので、相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは想像以上に難しいはずです。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。
相手の行動を見逃さないためには、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

動き方を書き留めておくことで浮気の証明をできることもあります。

大抵、人の日々の動き方には決まったパターンがあります。けれども、浮気をすると、行動のパターンが変わります。変わった曜日や時間帯を特定することができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気を実証できる願望が高まります。法律の上で、結婚した人がパートナー以外の人と自分の方から性的に親密になることを不倫とよびます。ということは、法律の中では、性的に親密な関係ではなかったなら、共に出かけたりしても、不倫ではないのです。
性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所の力をかりるという事も考えてみてもいいかもしれません。尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、少ない費用になります。



ですので、尾行を探偵にお願いするなら、相手の日々の行動を観察しておく必要があります。

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をして欲しいと依頼をすれば、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットがあります。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのは避けましょう。パートナーを裏切ったことがバレた途端に妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、元の関係に戻ることができなくなってしまうこともあります。



それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうとひどくイライラさせられてしまいます。
着るものが今までと違った系統になってきたら、よくない兆候です。趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。
突如、年よりも若めの色柄の格好チョイスしてきたら、おもったより怪しい臭いがします。その中でも特に、趣味の良い下着を着るようになってきた時は浮気をしている場合が多くあります。
日々の生活の中で、相手の行動を観察するのは自分ひとりでも可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方がトラブルなく、確実に結果が得られます。そして、探偵に頼む場合、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験にから多様なアドバイスをもらえるという事も、貴重なことです。不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。第三者からみても明瞭な浮気の証拠がなくてはいけません。探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。実費には移動にかかる費用、写真撮影にかかる費用などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるようです。


そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。
調査にかかる期間が短くて済めば請求額も少額となります。


同一電話番号から電話を頻回にまた、掛けているまた電話をかけ直していたりするとその相手が浮気相手であるという可能性は非常に高いと言えます。その後、その電話番号の持ち主を断定することができますね。ですが、気の回るパートナーであるなら、浮気相手との電話が終わったら着信や発信の履歴を必ず消すという事も忘れずに行っているという事もあります。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。



携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われるのが当然だからです。
最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をする機会も増えましたが、浮気相手の「声」をききたくなるのは当然のことでしょう。

ふとした時に電話している可能性は十分ありえるのです。問題なく探偵が調査をしていても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気相手と会うのを控えたりして、証拠が揃わないこともあります。立とえ探偵が浮気調査をしても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

成功しなかっ立ときの調査にかかった費用についても、契約を交わす際に契約書に盛り込むことが必要なのです。

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に依頼する際には、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。
探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査が長期になれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。


探偵事務所によっても、はたらかせる道具や調べる人の才能は異なりますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。 探偵が使っている事により知られている追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら買うことは可能です。一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用されることが多いですが、これはどんな人でもネット等で買えます。

車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、誰でも当然購入できます。
尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。言うまでもありませんが、調査員が1人なら安く、多ければ多いほど高くなります。また、尾行のために移動のために車やバイクを使った場合、別に交通費や車両費として請求される事がありますので、確認が大事です。

浮気の証拠を握るためには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。しかし、探偵に依頼するのは高額なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるという訳ではありません。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、費用は幾らぐらいかかるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ料金はまちまちなので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。疑問が確信に変わりきらないケースでは調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。主にパートナーの尾行を中心として、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。



本人が知らないうちに、誰が見ても明瞭な浮気の証拠を手に入れるには、必要とされる技術および機材があります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にはできません。


探偵なら浮気調査をする場合、薄型のカメラなども用いて相手が気づかないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。



浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができ立としても離婚をしないという選択肢もあります。子供がいるご夫婦の場合は特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。


不倫した二人に慰謝料を要求しようとするのなら、敵の情報は必要ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を掴まなければなりません。
それには探偵の浮気調査が有用で、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、捉えてくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、貴方の手に届けてもらえるでしょう。
不倫の問題を相談するなら弁護士に相談することをお薦めします。

離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するようにして下さい。相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂のタネになりたくないなら、絶対にいけません。浮気調査の依頼をするときには、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査内容により、色々ではありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われているのです。
ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気をしているかの確認を調査員1人ですることが多くなります。



浮気をしていることがはっきりとしたら、再度計画を立てて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。着ている服を見て浮気の裏付けをすることもできます。人が浮気をすると、著しいのは身なりの変容です。



それまではお洒落には興味がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであるならよく見ることが重要です。
この先、浮気に進展しそうな人や、浮気している人がいるかもしれません。
自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は頭に血がのぼってしまう場合があるのです。
どんな人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが多く報告されています。スムーズに物事を進めるためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。


ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、さらに揉める可能性が高いので、避けたいところです。信頼する人に付いて行って貰えば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。
信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するという方法があります。
幾ら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だっ立とすると調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査に関しては成功ということになります。
本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気の証拠がつかめないまま、調査は完了し、成功報酬としての料金を請求されます。



夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みひどい状況に陥るのは、映画やドラマでよく描かれます。
妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺人にまで到ってしまうシナリオもよくありますね。配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもあっていいやり方でしょう。


別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。
探偵事務所の捜し方として、口コミを確認する方法があります。
ここで重要なことは、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに掲さいされている口コミなんかではなく、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトに書かれているような口コミをチェックするといいでしょう。

その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、信頼性が高いのは明瞭です。



成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬が得られないという不安があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。その結果として、成功報酬のシステムだからと言って、浮気の調査費用が安くなる訳ではないのです。どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。