ホーム > 現金化 > 口コミ情報に隠れている真実と現金化の問題

口コミ情報に隠れている真実と現金化の問題

クレジットカードはとても便利な方法で現金が必要な時に力になってくれるでしょう。 

しかし、相手の業者がどんな相手なのか考えなければいけません。

取引きなのですから、安全を確認することが必要です。

その確認もさまざまな方法がありますが、そんな心理に付け込んだ罠があることも知らなければいけません。

 

インターネットで情報は手に入ります。

それもいたって簡単です。

それでも、本当の情報は何かを見分けることができなければ、情報の羅列でしかなくなります。

多くの人はあまたある情報の中から真実を探し出そうとします。

その中で口コミは危険な情報も多く、あまりあてにできないと考えなければいけません。

 

インターネット情報の9割はマイナスの意見であるといわれています。

いいことはほとんど見かけないのもこの結果からわかるでしょう。

ポジティブなことは全体の1割あるかどうかなのです。

つまり、口コミ情報は、本当に役立つかどうかなんてことは書き込まずに、自分がマイナスであったことばかりになります。

これであてにできるわけがないでしょう。

 

口コミ情報は、そのサービスを利用したから書き込めるというわけでもありません。

そんな必要ないのですから、危険性が高いのです。

誰が書き込んだのかわからない情報をありがたがったところで、悪意を持った業者が自作自演で書き込んでいたら、その罠にはまります。

よく文末にURLをかいているのも、こうした罠への誘導かもしれません。

参考口コミ:http://vb7s897a55.exblog.jp/21756535


タグ :